ハワイアンコンドミニアム.COM

ハワイコンドミニアム.COMでは厳選された良質な
ハワイコンドミニアムを格安でレンタルしております。

ブログ



ハワイに行きたいが、PCR代が・・・・というお客様に朗報です。

◆ 1ヶ月以上の滞在のお客様は現在PCR代を返金致します。
  ※2名様まで、合計上限6万円までの返金となります。

◆ 1ヶ月以内のお客様もご請求額より10%の返金を致します。

       ※現在ハワイ認定PCRは1人14000から30000円と医院によってばらつきがあるようです。

今の時期は日本からの飛行機はすいているので、足を延ばして行けるっていいですよね〜。(#^^#)

1年間ハワイに行こうと思って断念している1年は、
いつの間にか過ぎてしまってます。

お客様より

◆「私は1年に1回ハワイに行くのが人生の一番の楽しみでした。」

◆「私は年なので、ハワイにもう何回行けるか解らない。」

◆「国内の旅行ではストレスが取れない。ハワイでないと。」

◆「国内の旅行で1人25000円3人で1泊75000円でした。
たった3泊で225000円かかった。
食事はついたがハワイに行く方が断然安いし楽しめるのに無駄な感じがした。」

などのメールを沢山頂いております。

是非この機会に高層階のお部屋で、
ハワイの風をあたりながらゆっくり過ごされてください。

立地は目の前にシェラトンワイキキホテルとトランプホテル、
そしてピンク色のロイヤルハワイアンホテル!!

斜め前にはリッツカールトンホテルが、一昨年建ちました。

スタバやマックも目の前!
台湾で人気NO1のなかき氷やさんアイスモンスターも目の前です。
タピオカ屋さんも1分!
その他楽しめるお店が沢山!!

行けば判る立地が最高の場所です。
滞在しているだけで楽しめますよ。(#^^#)

是非お待ちしてます。












郵便局の郵送物の変更が本日10月1日より変更がありました。


手紙やはがきなどの郵便物やゆうメールの配達業務の休止日が増えました。(´;ω;`)

今までも日曜日、祝日は配送業務はお休みでしたが、

本日10月1日より

日曜日、祝日に加え土曜日も配達業務が休止

だそうです。

ハワイコンドミニアム.COMの確認書は普通郵便で郵送しておりますので、

金曜日にお送りしたとしても土曜日、日曜日はお休みなので、

火曜日以降になってしまうんですかね〜

鍵や重要なものはハワイコンドミニアム.COMでは宅急便でお願いしております

ので特に問題ありませんが、

ハワイへの渡航が決まりお部屋の宿泊日も決まって

一番初めにお送りする確認書のみ到着日ご了承下さい。(*^^)v



ハワイコンドミニアムの鍵などは、

宅急便でお送りしてますので、

変わらずすぐ着きますので

ご安心下さい。(#^^#)










ハワイは今年に入り感染状況もかなり改善したと同時に

アメリカ本土からの旅行者をどんどん受け入れていた事は

以前のブログでもご紹介しましたが、

今その代償が少しづつ出て来ているようです。


ハワイは約1年以上パンデミックで旅行者が来ない状況が続いていた為、

ハワイの経済を支えている観光業にとってはアメリカ本土からの観光客が増えた事がどれだけの助けになったことか!




以前NHKのニュースで7月にハワイに渡航したある記者のお話の中で、

ロサンゼルスからの飛行機も満席で、7月のハワイの状況を

「ごった返していた」と言っておりました。

お昼や夕食時間になると、どこのお店もいっぱいで

予約をしないと夕食にありつけなかった。

食べるところを探すのが大変だった.

と言ってました。

コロナ前のバケーション時のハワイの活気が戻っていたんですね。




私の渡航した5月も、「ごった返す」ほどではありませんが、

コロナ前のハワイだと感じました。

「ごった返していた。」と言うほどの人数の観光客が来ていたら、

終息しかけたハワイも新たに感染の連鎖を引き起こし始めるのもうなずけます。


余談となりますが、

当コンド30階の部屋から見えるシェラトンやトランプホテルの部屋の明かりも

私の渡航時の5月は5割くらいついてましたが、

6月、7月、8月はアメリカでも夏休みに当たるため、

おそらくシェラトンもトランプも殆どの部屋に明かりがともっていたのでしょうね。

当コンドの30階の部屋から見えるシェラトンのほとんどの部屋に

明かりが灯る景色は、

ハワイの活気を感じ、いつも気分が良いものでした。


そんなハワイの感染者状況を確認してみたところ、

本日8月27日のハワイのコロナ感染者は503人、

比較対象として東京は4227人、

ハワイは東京と比べると7分の1の感染者でした。

少なく感じますね。

東京より人口の少ないハワイでは数字ではとらえにくいですが、

去年11月あたり〜6月頃のハワイは感染者もかなり少ない状況でした。

1日に1人も感染者が出ない日も何度もありました。

その時期と比べると、現在は大きく増えているんですね。

どこの国も困った状況ですね。


ここでアメリカの夏休みについて調べてみました。

アメリカの夏休みは州によっても違いますが、

(5月〜6月のはじめ)〜(8月〜9月のはじめ)→約3か月ある場合が多いようです。凄ーい!!

2か月の学校もあるようです。

この長ーい休みの期間をアメリカ本土から、

バケーションで数ヶ月ハワイに来ていた家族や夫婦も多かったようです。

当然PCR検査は渡航時にしているはずですが、

このPCR検査は制度は高いとは言うものの、

「このPCR検査は「陰性」であってもPCRの検査の精度上100%ではない。」

という事のようです。

確かに日本でもオリンピックの為に来日した選手の中には、

日本に渡航する前に「PCR検査」を受けて陰性だったはずなのに、

日本の空港で再度検査したら陽性だったという選手もいましたね。

観光業が中心の国はリスクが本当に高いですね。

東京も今回はオリンピックという多国籍のスポーツ大会も、

当然リスクが相当高い状態でした。(;'∀')



こんな状況を食い止めるにはワクチンしかないのかもしれません。

先日見たニュースではワクチン2回以上の接種者が8割〜9割になれば、

感染者も激減すると言っておりました。

早く世界中の人々がワクチン接種をやり終え抗体を持って、

コロナを撲滅できる日が来るのを待ち望んでおります。

私は日本人のマナーの良さが、人にコロナをうつさない為に、

ワクチン接種の必要性を感じる人々が相当多いように感じます。

意外と諸外国を抜いてオリンピック開催国でありながら、

コロナ患者の少ない安全な国に早く戻るような気がします。


みんなで自粛頑張りましょう。(#^^#)




掲載者:ハワイコンドミニアム.COM ハワイでコンドミニアムをお探しでしたら

ワイキキの中心にあるハワイコンドミニアム.COMにご連絡下さい。





アメリカでバイデン政権が独立記念日まで18歳以上のコロナワクチン接種

(少なくても1回以上)を70%に達する事を目標にしていたのは、

ニュースでも何度も耳にしてましたね。


そんなニュースを見て、バイデン政権は目標には達せなかったですが、

その意欲はすごく感じられました。

バイデン政権が発足以来猛スピードでワクチン接種の前倒しを行い、

就任時に掲げていた、

「100日で1億回接種計画」

は59日で達成し、

さらに接種計画を2倍にし、

「就任後100日で、2億回接種」の新たな目標を立てたりしてましたね。


で、日本は?って疑問が出ちゃいますよね。

諸事情は色々あるんでしょうが、オリンピック開催国としてこんなのでいいの?

ってかなり前から思っておりました。

いち早く日本こそワクチン開始が必要だったはずです。

ハワイやアメリカ本土のいくつかの州でも、

バーや飲食店で人数制限が無くなったりと改善していっている様子を見て、

そんな中日本はなかなかワクチン接種が始まりませんでした。

ワクチンが入ってこない事情や、色々な理由もあるかとは思いますが、

そこはオリンピック開催国として、もう少し頑張ってほしかったところですね。

ハワイのワクチン接種率は83.7パーセント、
アメリカバーモント州 85.4パーセント、
マサチューセッツ州82.5パーセント
ワイオミング州50.2パーセント

などなど、州によっては大きな差もありますが、着実に目標に向かっています。

で日本はというと、(2回接種済み)14.2パーセント

1回接種済み26.5パーセント  現在供給が不透明。

うーん、どおしてもオリンピック開催国の状況としては物足らないですよね〜。
(/ω\)

オリンピックのボランティアの方たちのワクチンも、

7月10日過ぎだったでしょうか、打ち始めるとTVで言ってましたが、

2回目が10日後の20日だとしても、

ワクチンの効き目が始まるのは2回目接種後2週間がたたないと

効力が無いらしいですが、

ワクチンが効き始まる時期には、

「オリンピックが終わってます。」

と、ニュースのコメンテイターが言ってました。

( ゚Д゚)

こんな状況でいいのかな・・・。

5月にハワイに渡航した時、ハワイではワクチン接種が進んでおり、

ハワイの状況は、本当に普通のハワイと変わらない状況でした。

アメリカ本土でもワクチンの接種がすすんでいる州から、

続々ハワイ入りしてたんですよね。

目の前にあるスターバックスリザーブをはじめ、

クヒオ通りやカラカウア通りにあるお店も殆ど開いてましたし、

いつも通りの賑わいでした。

逆にセフォーラなどのコスメショップをはじめ、色々なお店でお客様獲得の為に、

セールをやってましたしね。


勿論PCRの検査はハワイに入る前に必要でしたが、

かなりハワイ旅行の金額を下げていたようです。

「本土から飛行機代が3万で来た。」

とある渡航者から聞きました。

そりゃー来ますよね。

ハワイの経済状況を支える手段だったのでしょうが、

おかげでハワイのお店も十分なお客さんが入っており、

ハワイの経済状況も大分助けられたと思います。

ですので、私の渡航時には、

ハワイがいつもと変わらぬ状況が見れたのでしょうね。
(*^^)v

今や、ワクチンだけががコロナを抑える手段だと思います。

まぁワクチンがここまで遅れたのには色々な事情があるのかもしれませんし、

仕方のない事だったのかもれません。(何度も言ってしまいます。m(__)m)

日本でワクチンの認可が下りてないですしね。

「ワクチン認可プロセスの短縮化」も問題になりましたしね。(◎_◎;)

色々変えれるところは、良い方に変わるといいですね。

(#^^#)

国民の1人の意見としてお読みくださいね。


日本人として日本に本当に頑張って欲しいんですよね。

日本国民ですからね。


頑張れ日本!!!










日本も急激にワクチンの接種人数がふえましたねぇ(#^^#)

良かった良かった。(#^^#)


オリンピックを控えている国としては少々というか、かなり遅い気がしますが、

色々な事情があるのでしょうね。(*´Д`)

ニュースで見ましたが、

日本ではワクチンの接種が始まっても、なかなかスムーズにはいかず、

電話が繋がらなかったり、予約のミスがあったり問題が出ているようです。


ハワイでワクチン接種が完了した(2回)人数は50パーセント!

日本のワクチン接種が完了した(2回)人数は2.7パーセント!


ハワイのワクチン接種の方法は、

テレビや新聞等で自分が接種対象だと解れば、

その地域の接種している場所を調べ

インターネットで「ハワイ州保険局のウエブサイト」

ですぐに予約ができるシステムになっているようです。

予約券は「ハワイ州保険局のウエブサイト」からプリントアウトが

できるようになっていて、その日時に行けば接種が出来るらしいです。

(電話でも予約もできるようです。)

うーん、簡単そうですね。

日本では殺到してサーバーダウンしそうですけどね。

ハワイで予約券のプリントアウトで、

スムーズにこんなことが出来るのも人口の関係が大きいと思います。


日本とハワイの人口の差を調べてみました。

ハワイの人口は141.6万人!日本の人口1.263億人!

126300000÷1416000=89.2

わ!!違いすぎですね。

ハワイでは混乱が無くスムーズにワクチンが接種できるのも、

人口にも関係がありますね。(#^^#)


以前のブログでもご紹介したように、

マウンテンビューのお部屋の改装をしてもらった大工さんも、

「簡単だよ!ウオルマートですぐ行ってすぐできたよ!」って言ってました。


会場も大型スーパーのコストコやウオルマート、セーフウエイなど、

沢山の店舗を保有している身近な場所で、

ワクチン接種が出来るのも鍵かもしれません。


日本は自治体から郵送される接種の通知を受け取ってから、予約をする。

という時間がかかるし、手間が大変だと思います。

その違いは大きいと思います。


アメリカを含むハワイは自治体のオンライン化が進んでいる事も、

大きな違いだと思います。

でも日本のように高齢者の1人住まいなどが多い国では、

郵送という手段しかないのかもしれません。


頑張れ日本!





ページ移転前のブログはこちらから オーナー’sブログ

最新の記事

    アーカイブ

      カテゴリー

      ページ移転前のブログはこちらから オーナー’sブログ
      HOME客室、ホテル内施設のご紹介ご利用料金ご予約状況よくある質問お客様の声会社概要ご予約フォームブログプライバシーポリシー
      ハワイ ワイキキのホテルコンドミニアム 格安レンタルなら、ハワイコンドミニアム.COM
      (C) Hawaii Condominium.COM all rights reserved.
      お申込み お問い合わせ 空き状況 オーナー's ブログ