ハワイアンコンドミニアム.COM

ハワイコンドミニアム.COMでは厳選された良質な
ハワイコンドミニアムを格安でレンタルしております。

ブログ

         ◆オーナー‘Sブログをリニューアル致しました。◆

    ◇2012年8月以降からこのページにブログを移動致しました。

    ◇2012年8月以前のブログは下記をクリックして、見てください。

   これからも、ハワイの最新情報を随時お知らせしていきます。(*^_^*)


   ◆2012年8月以前のブログを見たい方は

       をクリックしてください。(計57話)



下記のヤフーニュースが本日届きました。(#^^#)

GWのハワイ便は去年の9倍だそうです。(*'▽')






ゴールデンウイークがとうとう始まりました。(*^_^*)

上記のニュースが今日メールに送られてきましたので、

お伝え致しますね。

「制限なし」のゴールデンウイークは何と3年ぶりだそうです。( ゚Д゚)

いつの間にか今のような世の中は

3年も過ぎていたのですね。


今回のゴールデンウィークのハワイ便は去年の9倍の予約だそうです。

このゴールデンウィークにハワイに行かれている人が

だいぶ増えたんですね。

良かった、良かった。(*^_^*)

毎年ハワイに行っている人にとっては、

「ストレス解消」以外に、「健康の為」「長寿の為」「美容の為」

と言っても過言ではないと思います。

現在毎年ご利用頂いているお客様に中には、

私の渡航時にお会いできたお客様も沢山おりますが、

皆さん「若い!!」 

10歳以上若く見るお客様ばかりで、皆さん生き生きしていて、

素敵なお客様ばかりでした。

何か月か前に50代後半だという、

当コンドをご利用頂いたお客様にお会いできましたが、

その方も「とても若くて綺麗!!」

女優かと思ったくらい!!

ハワイは不思議な国ですね。

確かに私も少し若く見られます。(笑)

皆さんいつまでも若く、綺麗で、元気でいてくださいね。(#^^#)














日本で海外への渡航が自粛されている間、

当コンドでは空きが有った時は、アメリカに住む日本人や、

日本からネイルの学校やマッサージの学校に行かれる方に

利用して頂いておりました。

アメリカ本土からの需要は十分にあったんです。

1年半くらい前、日本が自粛中にアメリカ本土からの渡航者が

急激に増えました。

というのも、そのころアメリカ本土からハワイへの飛行機代も、

通常の半額以下の金額で行けるなどのサービスが有ったようです。

例えばロサンゼルスからは日本円で片道16000円〜20000円で行けるなど、

かなり破格の金額で渡航できたようです。

その為、アメリカ本土で今までハワイに来たことのない人達まで、

こぞって渡航を希望する人達が増えたんです。

そこまで安い航空運賃なら本土からどんどん来るのも納得ですね。(*^_^*)


アメリカ本土からの渡航者が増えると、レンタカーの需要が一気に上がったんですよ。(/ω\)

今まで日本人の観光客数がかなり多かった時は、

日本人はあまりハワイでレンタカーを借りるお客様も少なく、

レンタカー業界も大きく値を上げる事もなかったのですが、

アメリカ本土からの観光客は殆どレンタカーを借りていたため、

ハワイのレンタカーの価格が異常に上がっていた時期がありました。

まぁ、同じアメリカだから交通ルールや走行車線も一緒だし、

普通に借りますよね。(#^^#)

日本で言う沖縄感覚ですからね。

私がコロナ中に渡航した時に、1週間セダンの大きさの車を

借りようとしたのですが、30万円と言われました。

はじめ、日数を勘違いしているのかと思いました。(+o+)

爆上がりですよね。(+o+)

こんな金額では借りようとは思えませんでした。(笑) 30万ですよ!(笑)

この時はレンタカーを諦めたのですが、

その後たまたま1社1週間8万円で借りれる会社を発見して

借りる事が出来ました。

まだまだ金額的にはいつも通りではないので、高いですけどね。

仕方なく妥協致しました。(/ω\)


ハワイ到着後、現地でレンタカーをピックアップしに行くと、

沢山の外国人(おそらくアメリカ本土からの人でしょうね。)が疲れた顔で、

沢山のトランクを抱え待っていたんです。

疲れすぎて、レンタカー屋さんの前で座り込んでいる家族も沢山居ました。(+o+)

私は初め、意味が解らず恐る恐る日本から持参した予約確認書を出しました。

問題無し!直ぐに配車してもらい安心致しました。

初め、何で待っているのかが判らず、

私もこれから数時間待つのかと思ってましたからね。(笑)

カウンターに予約確認書を出した時に、

この列の意味を担当してくれた人に聞いて、その理由が解りました。

アメリカ本土から来た観光客は、ハワイに着いてからレンタカーを

借りる人も多いんだそうです。

今まさに借りようとしている人達の、キャンセル待ちの列だったんです。

料金表を見ると、その値段は馬鹿高く、1日500ドルくらいだったと思います。

5万円以上ですよ。(/ω\)

可哀そうな事に、子供連れの家族も何組もいました。

小さい子供がいて、いつも車での移動をしている人にとっては、

車無しだとちょっと動きずらいかもしれませんね。 (´;ω;`)

渡航前に予約しなかったんですね。(/ω\)

私は申し訳無い気持ちで、そっとその場を去り車に乗り込みました。( ゚Д゚)


今現在は普通の金額に戻っておりました。(*^^)v

「あー良かった。」


あと、ちょっとハワイへの渡航者について調べてみました。

コロナ前は日本からハワイへの渡航者はかなり多かったんです。

例えば、コロナに全く関係のない2017年の統計を調べたら、

ハワイに来ている渡航者数(世界中の)は2017年は938万人でした。

日本人渡航者はその中で16.9パーセントでした。

数字ではとらえにくいですが、

例えば中国人は1.6パーセントと、日本人が10倍の規模となります。

日本人の観光客の割合はハワイではかなり高かったんですね。

日本人のハワイへの渡航者数増加の要因になったのは、

提供される航空座席数の関係もあるようです。

2015年 194万9000座席数

2016年 183万5000座席数

2017年 202万9000座席数

今迄コロナ前には日本からこれだけの数の観光客が渡航していたのですね。

現在はというと、全世界での統計になりますが、

ハワイへの渡航者数は、

2020年 270万8252人

2021年 677万7498人

上で述べたように、2017年当時が938万人でしたので、

完全に元に戻ってはいませんが、かなりの回復ですね。

2020年と2021年がこれだけ差が出たのは、

上記で述べたようにアメリカ本土からの航空運賃の

大幅な値下げのせいですね。


現在は今年2月28日にイゲ知事の記者会見で、

「アメリカ本土、準州からの渡航者に義務付けられている、

(セーフ・トラベルズ・プログラム)を先月の3月25日をもって

終了すると発表しました。

これによって、アメリカ本土からの渡航者は、

ワクチン接種証明や陰性証明の提示も不要となりました。

今まで通り、パスポートとエスタ登録のみでハワイに来れるようになったんです。

ますますアメリカ本土からの渡航者が増えるのでしょうかねぇ。(/ω\)

またレンタカーが高くならないといいですが・・・

日本もそろそろアメリカ本土と同じように、

ワクチン接種証明や陰性証明が無くなるのではないかと、

あっちこっちでささやかれてます。

ハワイへの渡航が緩くなってきたのは確かです。

1日も早く日本もなりますように!!(#^^#)


私は何回かコロナ中も渡航してますので、

現在はまだ必要な、ワクチン接種証明や陰性証明の2個だけ増えているだけ

という感じで、特に面倒とも感じなくなりました。

住んでいる地域によって違うのかもしれませんが、

意外と簡単に用意できます。

また次回その流れをお伝えしたいと思います。


5月の渡航時にはなるべく多くお伝えしますね。(#^^#)


掲載者:ハワイコンドミニアム.COM ハワイでコンドミニアムをお探しでしたら

ハワイコンドミニアムにご連絡下さい。ワイキキの中心にあります。



 





ハワイの渡航者も大きく増えてます。(#^^#)

5月あたりにハワイの様子をお伝えするために、ホノルルに渡航予定です。

今ならまだ飛行機もすいているかなあと、期待してのんびり行ってくる予定です。

去年に渡航した時はANAでしたが、ガラガラでした。

このガラガラが気分いいんですよね。

3席使えるし、ソーシャルディスタンス状態で渡航できるしね、(*^_^*)

もう今は無理かな?

ハワイへの渡航者も増えているから。( ゚Д゚)

アメリカ本土からは、未だに沢山来ているようです。

で、日本からハワイへの渡航者が大きく増える前の、

今の時期にハワイの様子と、

ハワイコンドミニアムのお部屋の様子を確認しないとならないですからね。

毎回お客様のチェックアウト時には現地担当者からお部屋の様子は、

ラインで送られてきますが、直接見ないと細かい所までは確認できませんので、それも兼ねてホノルルに確認に行く予定です。('◇')ゞ


で、3回目のコロナワクチン接種時期はちょっと過ぎてましたので、

今回3回目のワクチンをうちました。

1回目ファイザー、2回目ファイザー、で3回目もファイザーでした。

1回目、2回目とも熱も出ず、何ともなかったので、同じファイザーを選びました。

ワクチン接種日当日は何ともありませんでしたので、

屋上の清掃を頑張ってしました。

秋などには、落ち葉がどこからともなく飛んできて排水溝をふさいじゃうんです。

屋上は4階なんですけどね。

で、秋ではありませんが、たまには清掃しないとと思って頑張りました。

「やっぱり何ともないや。」と笑ってました。

夕方、

「ん?寒いな。今日は疲れたのかな。」

と思っていたら、どんどん寒さが増してくるんですよ、

おかしいですよね。で気が付きました。

「3回目は熱出るんだ!」ってね。


そこで、思い出しました!! 

1回目接種の時の

「アセトアミノフェン」を成分とする解熱剤の買い占め時期がありましたよね〜

その成分の解熱剤がなかなか薬局に在庫が無かった為、

あっちこっち探しまくってやっと「アセトアミノフェン」を成分とする

「ラックル」を見つけて大量買いしたのを思い出しました。

そうだったんですよ!3箱も買ってありました。(笑)

今まで使う必要が無かったので、3箱未開封のままでとってありました。(笑)


ちょっと脱線しますが、アセトアミノフェンを成分とする解熱剤は

「タイレノール」や「カロナール」という市販薬も有ります。

アセトアミノフェンを成分とする解熱剤の良い所は。

「痛み止めや熱さましとして十分な効果を持ちながら、安全性の高い薬

なんだそうです。

確かに「ラックル」の表紙に「関節痛にも」と書かれておりました。


接種当日の昼間は何ともなかったのに、どんどん体のだるさも、

時間を追うごとに出てきたんです。(+o+)

で、大量買いした「ラックル」を1個飲んで少し安静にしてました。

その時の熱は38.2度!

「おー私には高熱です。」でもねこの薬効きましたね〜。(#^^#)

飲んで1時間も経ってないかな?体が急に楽になったんです。

熱が下がると体の節々も少し痛かったのですが、改善!

熱も測ったら37度前半に改善!

食欲もなかったのですが、おなかが空いている事に気が付き、食欲改善!

といっても全てが完全ではありませんけどね。(*^_^*)

でも随分楽になりました。・・・ですが4時間後薬が切れ寒くなってきて体温を測ると38度!

4時間経ったので、再度「ラックル」を飲みました。


次の日は元気になると思いきや、次の日もちょっとだるかったのですが、

改善しているのは解りました。熱は37,5度くらいでしたので、

元気はいつも通りではありませんでしたが、良くなってきました。

買い物があったのですが、外出して、どこかのスーパーで熱測量機でピーピー鳴ったら怖いので外出は断念しました。だるいしね。(+o+)

でも夕方にはだいぶ良くなり食欲もだいぶ出てきました。


就寝前には「ラックル」を飲もうかどうしようか考えましたが、

早く良くなりたかったので飲んで寝ました。

翌日には完全に元にもどっておりました。(^^♪


個人の差もあると思いますが、ワクチンは「肯定派」です。

だいぶ昔の話ですが、インフルエンザが流行している時期に、

周りでうつっている人も多くいましたが、ワクチンを打っていたお陰で、

インフルエンザがうつらなかった経験がありましたのでね。

1個人の経験ですが、1事例としてご参考にして頂けたら幸いです。

ハワイ渡航にも必要ですしね。(#^^#)


※ 今回は「ラックル」を使用しましたので、

文中には正直に多く名前を出しましたが、

他の「ワクチン後の解熱剤」として売られているアセトアミノフェンの成分が入った薬(タイレノールやカロナール)も同じように効くと思います。

今回はたまたま、購入した商品が「ラックル」でしたのでご理解ください。


   



掲載者:ハワイコンドミニアム.COM  

ハワイ、ワイキキでコンドミニアムをお探しでしたら、ハワイコンドミニアムにご連絡下さい。ワイキキの中心での滞在はとても便利です。



「バレンタインデー」

今では日本もこのイベントが普通になりましたね。(#^^#)

でも実はハワイ(アメリカ)と日本の「バレンタインデー」の

プレゼントの仕方が色々違うんです。

ハワイを含むアメリカでは日本と同じ「愛の日」なんですが、

主役は男性ではなく女性なんです。

女性が男性からプレゼントを貰う日なんです。(+o+)

それも既に付き合っているカップルや夫婦が中心なんですって!


日本では今では女性から好きな男性にチョコレートを渡すのが普通ですが、

確かにレディーファーストの海外から見るとおかしいのかもしれませんね。



日本の「バレンタインデー」の発祥を調べてみました。

日本で「バレンタインデー」の名称が登場したのは第二次世界大戦後すぐ

のころだったそうです。

「バレンタイン」という名称は随分昔から日本で使われていたんですね。

でもこのころの日本の「バレンタイン」は恋人や好きな人に

チョコレートをあげる「バレンタイン」ではなく、

製菓業界やお花屋さん、洋服屋さん、ジュエリー店の販売促進の為の

広告として、「バレンタインセール」という、

今で言う「キャッチコピー」で、「バレンタイン」が紹介されたんだそうです。

チョコレートでもなく、好きな人にあげる為でもなく、

ただの販売促進イベントとしてね。(#^^#)


「バレンタインデー」にチョコを贈る事が定番になったのは、

今でも東京都大田区大森に本社のあるメリーチョコレートカンパニーが、

「バレンタインデー」にチョコをあげる「チョコレートのキャンペーン」

を始めた事が、日本での「バレンタインデー」の発祥のようです。

凄ーい!!今でも沢山の店舗を持つ「メリーチョコレートカンパニー」

が素晴らしい!!

ハワイコンドミニアム.COMのこのブログのトップの写真が。

「メリーチョコレート」です。

皆さん、絶対どこかでは見ていると思います。

メリーチョコレートの店舗だけでなく、あっちこっちで見かけていると思います。

女の子が左を向いたマークのチョコレート!!




ね、見た事ありますよね。

このメリーチョコレートが未だにチョコレート業界の販売促進を

盛り上げているわけですからね。素晴らしいですよね。



じゃあ、

「バレンタインデー」にどれだけのチョコレートが売れるか調べてみました。

日本のチョコレートの年間消費量の20%が2月14日に消費

されているらしいです。

凄くないですか〜(+o+)

多くの人が「愛」や「優しさ」を手渡しているんですね。

それに、日本では「手作り」で心のこもったチョコレートを

渡す人も結構多いですよね。

ということは「チョコレート業界」だけではなく、

手作りのチョコレートを包む包装紙や箱、リボン、メッセージカード、

チョコレートを作る調理器等の販売業界も

一緒に盛り上げているわけですよね。

(#^^#)

日本経済の一部が「メリーチョコカンパニー」のお陰で

プラスになっていると言っても過言ではないと思います。



先日もイオンに買い物に行ったら、

「バレンタインブース」が特別に設けられていて、

沢山の種類の「チョコレート」が盛大に飾られてました。

そして沢山の人が買い物かごの中に沢山のチョコレートを入れてました。

皆会社関係の人にあげるのでしょうか。(#^^#)

で、そのチョコレートのブースの隣には、

チョコレートの色々な形の型や綺麗な箱、包装紙などが

チョコレートのブースと変わらない広さで設けられてました。

日本のイベントとしてちゃんと定着してますよね。

ね、(*^_^*)2月14日に盛り上がっているのはチョコレートだけじゃないでしょ。

(^^♪



で、話しは元に戻りますが、

冒頭でハワイ(アメリ)では「バレンタインデー」に男性から女性に

プレゼントしているとお話ししましたが、

男性は日本のようにチョコレートではなく、お花をメインでプレゼントして、

ケーキやクッキー、ジュエリー等女性が喜ぶものを付けて

プレゼントするのが主流のようです。



それにハワイ(アメリカ)では日本のように

会社の同僚みんなにプレゼントする「義理チョコ」もありませんし、

チョコレートでなくても、「義理」でプレゼントするような風習もないんです。

このような「義理チョコ」があるのは日本人の優しさですかね。(#^^#)

いやいや、この「義理チョコ」もどこかの「販売促進」手段

だったのかもしれません。(笑)


ちなみに「ホワイトデー」も日本独自のイベントで日本以外は無いようです。

あーこれも「クッキー業界」の「販売促進手段」だったのでしょうか。(*´Д`)



「ホワイトデー」を調べてみました。

「ホワイトデー」は以外にも最近で、昭和50年代から始まったらしいです。

と言っても40年以上前ですけどね。

「バレンタインデー」と比べると「最近」です。(笑)

「バレンタインデー」のお返しとして「ホワイトデー」を

お菓子業界が始めたんですって。(笑)

やはりそうでした。(+o+)

バブル期には男性から女性へのお返しは「3倍返し」だったそうです。

おー、お菓子業界も「3倍返し」のキャッチフレーズを使って

広めたんでしょうかね。(+o+)

欲張りましたね〜(笑)



また、ハワイ(アメリカ)と日本とで違う点があります。

ハワイ(アメリカ)ではプレゼントでは「手作り」はあまり無いようです。

気の知れた同僚とか、身内とかの深い関係の仲なら、

「手作りの食べ物」をあげる風習はあるものの、

それ以外の「好きな人」とかにはまず、「手作り」は無いようです。

「何が入っているか判らないから。」という事だそうです。

ハワイを含むアメリカでは、

日本と比べるとやはり事件が多いからのようです。

納得です。(+o+)



今回の「バレンタインデー」のブログは

ハワイのオアフ島のハートストリートにある、

「ワタナベ・フローリスト」というお花屋さんの記事があり、

「バレンタインデー」の2月14日に

ハワイで生花の売り上げが過去最高だったという記事を見つけたんです。


それで「バレンタインデー」を調べたくなったんです。(#^^#)

ホノルルの「ワタナベ・フローリスト」では、

「バレンタインデー」の2月14日の1日で

800件以上のお花のデリバリー注文が入ったんですって!!


なんかこんな時期だからこそ、ホットするニュースですね。(*^^)v



掲載者;ハワイコンドミニアム.COM ハワイでコンドミニアムをお探しでしたら
ハワイコンドミニアム.COMにご連絡下さい。
ハワイホノルルワイキキの中心のコンドミニアムです。






ページ移転前のブログはこちらから オーナー’sブログ

最新の記事

    アーカイブ

      カテゴリー

      ページ移転前のブログはこちらから オーナー’sブログ
      HOME客室、ホテル内施設のご紹介ご利用料金ご予約状況よくある質問お客様の声会社概要ご予約フォームブログプライバシーポリシー
      ハワイ ワイキキのホテルコンドミニアム 格安レンタルなら、ハワイコンドミニアム.COM
      (C) Hawaii Condominium.COM all rights reserved.
      お申込み お問い合わせ 空き状況 オーナー's ブログ