ブログ

先日「ハワイアン・レイルウエイ」を見に行ってきました。

日曜日のみ開園してます。

乗車時間は1日に2回(午後1時と3時)でしたが、時間を大分過ぎて到着!(泣)

乗れませんでしたが、中に入ることはできました。

ハワイには電車ないのに何?って思う人も多いはずですよね。

昔はハワイにも鉄道が活躍していた時期があったんだそうです。

それも主な交通手段だったらしいです。

その当時の電車がここ「ハワイアン・レイルウエイ」に飾ってあります。

飾ってあるだけではなく、チケットを買えば乗ることもできます。




場所は「エワ」というアウラニから近いところに有りました。

アウラニから車で15分はかからなかったと思います。


この「ハワイアンレイルウエイ」に入場する入口の目の前は、

普通の住宅が建ってました。


下の写真が入場場所の目の前の様子です。




確かこの場所も現在工事中の新しい電車の駅ができるはずです。

このあたりの住民は、電車が通れば便利になりますよね〜。


昔はここにある電車達は、

サトウキビや労働者達の足になっていたんだそうです。

このような、オアフ島で鉄道の体験ができるのは実は2か所あります。

この「ハワイアンレイルウエイ」の他の一つはどれかというと、

みなさんの体験された方も多いと思いますが、

ドールプランテーションの「パイナップル・エキスプレス」です。

パイナップルについての話しを聞きながら、ハワイの植物が見学できます。

私はこのドールプランテーションの汽車は乗りました。

天候の変わりやすい場所でしたので、雨の中乗りました。(笑)


子供用のアトラクションですけどね。

でもハワイでは珍しい鉄道なんです。


今回見た「ハワイアンレイルウエイ」は、

ハワイアンレールウエイソシエティーという団体が、1970年から旧オアフ島の鉄道の一部を走れるように整備して、作ったパーク?らしいです。

実際に走っていた場所で乗れるって訳ですね。


下の写真の汽車なんか随分活躍したんでしょうね。



こんなのもありました。



今回は乗れなかったけど、その乗り心地はまぁ昔の汽車ですからね、

でも心地いい風を感じる事が出来るようです。

景色はゴルフ場や、住宅地を通るようです。

折り返し地点はオアフの西の端っこで、「カヘ」という海が見える場所だそうです。

そこから折り返して、また元の「ハワイアンレイルウエイ」のチケット売り場に戻るわけですね。

雨さえ降らなければ、風が心をゆったりしてくれるようです。

速さもゆっくりなので、そう感じるのかもしれませんね。

※注意・往復90分です。のんびりしたい方向けですね。


アウラニの方に行かれたら、「ハワイアンレイルウエイ」に寄ってみてはどうですか〜。


近いうちに現在工事中の「ホノルル・レール・トランジェット」について写真を撮ってきましたので、お見せしまーす。



            掲載者:ハワイコンドミニアム.com


           ワイキキでコンドミニアムをお探しでしたら、ハワイコンドミニアム.comにご連絡ください。

      ここをクリック’してください。




ハワイトレイル

2017.2.11 【】





ハワイで青い海で泳ぐ事に飽きたら、

山の魅力を感じる事の出来るトレッキングも、

ハワイでは人気のアクティビティーなんです。


ハワイで有名なトレイルには、

ダイヤモンドヘッドトレイル

マノア フォールズ トレイル

ココヘッド トレイル

ラニカイピルボックストレイル

等がありますが、

ハワイにはもっと沢山のトレイルがあります。

今までに、マノアの滝トレイルや、マカプウ・トレイル、

ココヘッドトレイルなどの人気のトレイルは経験ありましたが、

ちょっと変わったトレイルの経験をしようと、

ホノルルからパリハイウェイでカイルアに向かう途中にある、

ちょっと山の中のジャッド・トレイル(JUDO TRAIL)に寄ってみました。


ジャット・トレイルは人気のトレイルとは違って、

特に駐車場も無く、

道の途中に有るため、うっかり見過ごしてしまう場所でした。

携帯で、場所の目の前まで来ているのに、

うっかり通り過ぎたくらいですから。(笑)

駐車場が無いので、道端に止めました。


たまたま、早朝からトレッキングしたのか、

帰ってくる4人グループがいましたが、

みんな「オー、ノー(+o+)」と笑ってましたが、

明らかに疲れた顔をしてました。


このトレイルの先には、ジャッカスジンジャープ という湖?池?

があり、泳げるらしいんです。

そこを見たくて行こうと決心したのですが、考えが甘かった〜。


まず、このトレッキングの入口には、

コンクリートの電柱みたいのが横たわっており、

そこを乗り越えJUDOのトレッキング開始!!

初めは、なんか川のせせらぎが聞こえていい感じだったんです!!

でも、地面はツタがいやに絡まっていて、つまずきそうになるんですよ。

なんか不吉な感じ〜

川に見とれていると、

「あれ?どっち行くんだっけ??」

入口から近いところで、もうそんな感じでした。

道があっちこっちに分かれていて、解らない!!

目印を探しても、無い!!

川に沿って行くと聞いていたので、

なるべく川の近くの道を選択しました。

足はツタで何度も引っかかりそうになりました。

あっ、川だー。

まさかの、石渡り。

※私ではありませんよ。(笑)(#^.^#)

一つの石の上で止まってしまいました。

その後私は断念!!早!


いや〜、早めの見極めが必要ですよ。

まだ10分も歩いてないのに、なんかへとへとなんです。

まぁ不安感と、地面の多すぎるツタ、人けのなさ!


マノアの滝のトレイルなんか、沢山の人がいて賑やかでした。

でもこのトレイルは、私と友人の3人だけ!!


さっき帰って来た4人グループの外人しか見てないんですもん。


私は車で、待機することにして写真を2人の友人に任せました。


帰り道、

「えー、10分しかトレイルコースに入ってないのに、

                  帰り道が解らなーい(泣)」


冷静に、どう来たのか思いだし、無事帰還!!

その30分後友人たちも、断念して帰還してきました。


「無理〜、上がったり下がったりで道も迷いそうだった〜」

ってね。


目的の池は見ることできませんでした〜。

でも、なんか人が触ってない自然を見たって感じがしました。

上の写真の大きな木なんか、ツタが下がっているだけでなく、

木の周りもツタだらけ!!

体力がある方どうですかぁ〜。

迷ったら大変なので、携帯地図忘れないでくださいね。

あと、靴は滑らない軽い物がいいですね。

行ってみてください。

上の写真が、行きたかった池です。

泳げるらしいです。(笑)


  掲載者;ワイキキでコンドミニアムをお探しでしたらハワイコンドミニアム.omにご連絡ください。






当コンドミニアムの近くに有るため、私たまに食べる事あります。


1週間くらい、日本の食事をしていないと食べたくなるんですよ。(笑)

今だに人気で、3列くらいの列を作って待っている人が沢山いるんです。

それも、外人が多いんですよ。

今、日本の食べ物人気ですからね。

下の写真は並んでいる様子です。





ようやく、店の中にたどり着くと、

下の写真の様子がガラス越しに見えます。日本と同じですよね。







日本にいると、別に日本の丸亀と変わらないので説明いらないですよね(笑)



で、こんな風に出来上がりました。



味は普通に美味しかったです。

日本の丸亀うどんと同じです。

ただお店の中には例の大きいサイズで飲める、

コーラやドクターペッパーの販売機がありました。

そっかー、アメリカ人は夕食の時もコーラとかがぶ飲みするのかもしれません。


丸亀うどんは日本にもあるので、説明文殆どいりませんでしたね。(笑)

長期でご利用頂いているお客様は、

是非アメリカの食事に飽きたら寄ってみて〜。









ハワイのモアナルアガーデンのあの日立のコマーシャルで使っていた大きな木(モンキーポッド)、使用料高いんですね〜。


日立のコマーシャルで使っていた、

「この〜木何の木、気になる木〜。名前も知らない木ですから〜、

名前も知らない〜実が〜なるでしょお〜」


そう、あの大きな木、樹齢140年も超えていたんですね〜。凄い!!

日立製作所がこの大きな木のイメージになってますよね。



1973年からこの木の映像を使っているようです。

「世界不思議発見」の独占スポンサーとして、

あの大きな木のコマーシャルやってますよね。


この木、当時はサミュエル・デイモンという財閥が所有しており、

日立と協定を結び、1973年から年間2万ドルの使用料を出して、

この木の映像を宣伝活動に使う権利を得ていたそうです。


2万ドルと言っても、今のドルだったら113円で計算すると、226万円ですが・・・


調べてみました、当時の為替!!

1973年(昭和48年)のインターバンク相場では、280円!!!

今の2倍以上でした〜!!


という事は、2万×280円は、何と、560万円でした。


1年間に毎年560万円この大きな木の映像使用料として払っていたんですね。


その他、コマーシャル作成費、番組提供代とかもかかっていたんでしょうね。

日立のコマーシャル時間も長かったですよね。関連会社全てがテロップで、上から下に流れてましたよね、この大きな木をバックに!

あのコマーシャルには大金がかかっていたんですね。


2004年にはサミュエル・デイモンの最後の孫が亡くなり、

デイモン財団は解体したんだそうです。

デーモンは、最後の孫が亡くなったらホノルル市に寄付をするという遺言を残して亡くなったんです。

その後、デーモンのひ孫が出てきてひ孫の会社がこのパークを買い取ったそうです。

新しい所有者は、そのひ孫の会社であるカイマナ・ベンチャー社となり、

映像使用料の再検討が行われ、

2006年より使用料が上がり、年間40万ドルの宣伝使用の権利料を払う事に両社合意したそうです。


2006年だと、為替は114円〜116円でしたので、

中間取って、115円で計算すると、40万×115で、4600万円。

ドルだけで考えれば、今までの2万ドルの約20倍です。

この木の映像使用の権利だけで、4600万円かかるんですから凄いですよね。


合意した理由があったんです。

この公園にかかる維持費は、年間60万ドル、

日本円で6900万(1ドル115円計算)かかるんだそうです。

維持していくのは大変ですからね。

木は病気にもなるし、落ち葉もあれだけ広いとねぇ。

その為、財団の経営自体もかなり危うくなっていたそうです。


じゃあ、商業施設にしたらと考えてしまいますが、

この日立の大きな木であるモンキーポッドは樹齢140年以上で、

ホノルルの保護樹木に指定されている為、商業利用が出来ないようです。


入場料も大してとってなかったと思います。

3ドルとか、5ドル?


うーん、

日立製作所からの使用料からの収入だけでは、維持できないんですね。

日立製作所が手を引いたらどうなるんですかねぇ?

心配です。




お時間がありましたら樹齢140年以上の本当にりっぱな木ですので、

見に行ってください。


この木の大きさと、太陽の光のコラボは最高ですよ。





              ワイキキでコンドミニアムをお探しでしたらハワイコンドミニアム.com



 




ハワイには何度行っても飽きない場所が人それぞれあるのではないでしょうか。


私にも沢山ありますが、その中でもモアナルアガーデン!!

公園の名前を聞いても、??って思う人も多いかもしれませんが、


日立のコマーシャルに出ていた、

あの大きな木と言えば大体の人はわかると思います。


以前にブログでも紹介した事もありますが、

今回の渡航でまた寄ってみました。


マラサダのように、どんなに食べてもまた、

たまには食べたくなる感じですね。(笑)

すいません、個人的な意見です。


この木は、ホノルルの特別保護樹木として登録されている木です。

名前はモンキーポッド。





このパークの歴史は古く、

ハワイ大国を建国したカメハメハ大王の所有地だったそうです。


まぁハワイの島を統一し、大国を築き上げた方ですので、

かなりの土地の所有をしていたのではないでしょうかねぇ。

その一部なんでしょうね。


ちょっと脱線しますが、

このカメハメハの幼少期の名前は別で、「パイエア」という名前だったようです。

長い間の戦いを経て、リーダーとして名が広がった時期に

「カメハメハ」に改名したんだそうです。

この「カメハメハ」の意味は、「孤独な人」という意味があるようですが、

なぜそのような名前に改名したのかは不明のようです。

生まれたときから、ハワイを統治すると予言されて育った為、壮絶な訓練をして育ったらしいです。

その後1810年にカウアイ島の王(アウムアルイ王)に認められ、

ハワイの島を統一し大国を築きあげたんだそうです。



そんな、ハワイを統一したカメハメハ王が所有していた土地の一部が、

このパークなんですね。


1884年にはカメハメハ王家と親交のあった、

サミュエル・デーモンという人物に、この広大な土地は譲られ、

このサミュエルによって「モアルア・ガーデンパーク」が造られたんだそうです。


サミュエルはカメハメハ大王の意志を引き継ぎ、

このパークを誰からも愛されるパークにしたいと一般開放をし、

沢山の人の憩いの場として使われてきたようです。


また、このパークには世界中の文化を取り入れようと、

昔は日本の茶室や、日本庭園風の池も造られたんだそうです、


今でもその池は有るようですが、私は何度も行っているのですが、

この日立の木の周りばかりで、実は見たことが有りませんけどね。(笑)



下の写真はベストショットでしょ。(笑)


でも、誰でもこのように写りますので、近くで見てみてはいかがでしょうか。






       掲載者;ハワイでコンドミニアムをお探しでしたら。ハワイコンドミニアム.comにご連絡ください。




ページ移転前のブログはこちらから オーナー’sブログ

最新の記事

    アーカイブ

      カテゴリー

      ハワイ ワイキキのホテルコンドミニアム 格安レンタルなら、ハワイコンドミニアム.COM
      (C)2015 Hawaii Condominium.COM all rights reserved.