ブログ

ホノルル・レール・トランジットの工事見てきました。

2017.5.25 【】




先日渡航の際、2019年から走るホノルル・レール・トランジェットが、

どこまで伸びたか、

友人とともに、車で線路に沿って走ってみました。

いつの間にこんなに線路が伸びたのか??

いつの間にこんな工事をしていたのか??

終点はイーストカポレイ!!

この終点の駅の近くには、新しいショッピングモールが建ってました。

そのモールの名前は、「カ・マカナ・アリイ」ショッピングモール!!

終点駅として、良いですね。


このショッピングモールに寄ってきたので、

ちょっと「カ・マカナ・アリイ」ショッピングモールについてお伝えしますね。

この「カ・マカナ・アリイ」は、2016年の10月にオープンしてました。

アラモアナにもあるメーシーズをアンカーストアーに、

約100店舗のショップとレストランが有るようです。

映画館もありました。

広さは、まだ工事中の場所もあつたので広く感じませんでしたが、

104000平方フィート! 解りませんよね フィートじゃ (笑)

東京ドーム約2,8倍の広さだそうです。

今は、ワイキキからは遠いせいか、お客さんはあまりいませんでしたね。

「ホノルル・レール・トランジェット」が開通すれば、

だいぶお客さんも増えるでしょうね。

この「カ・マカナ・アリイ」の写真を撮ってきました。


「カ・マカナ・アリイ」の入口です


いくつも店舗が入ってました。


 
この「カ・マカナ・アリイ」に来ているお客さんはここに集中してたかな?


まだちょっとまだ寂しいかな?



2016年10月にオープンしたとはいえ、

まだ全店がオープンしているわけではありませんでしたからね、

お客さんの数も少ないんでしょうね。



話しは戻りますが、このトランジェットは、

日本の日立製作所が2014年に

イタリアの複合企業のフィンメカニカという会社から、

日立が鉄道車両事業を買収したそうです。

その日立が買収した会社が、

この「ホノルル・レール・トランジェット」の、設計と製造を請け負っているんです。

この買収した鉄道車両事業は、現在は名前を

「日立レールイタリア」に名を変えてます。(*^。^*)!!

日本の日立の名が出て、本当に嬉しく思いました。



というのは、この間ニュースで、

インドネシア ジャワ島の新幹線の受注交渉に中国に負けたのを見たからです。

インドネシアで初となる、高速鉄道計画で、

ジャカルタと西ジャワ州のバンドンの約140キロを結ぶ鉄道計画の受注競争で、

2015年9月に中国が受注に成功した話しです。

日本は今までにインドネシアに対して、

鉄道整備の支援や日本の古い鉄道車両等の譲渡等を行ってきました。

この日本の古い車両等は、インドネシアでは特急車両の一等車両として使われていたんです。

まぁそんなところからも、インドネシアの鉄道の関心の低さは感じますよね。

この日本からの古い車両は、めったに壊れる事も無く、安全!!

そりゃね〜。

これがインドネシアでは、

「外国の車両は安全で壊れない。」って思ったんでしょうね。

日本製は値段も高く、インドネシアからすれば煩わしい検査が面倒だったようです。

日本は高速鉄道計画の実現可能性の為に、環境を調べたり、

資源等各要因に基づいて調べる必要がある為、日にちがかかるし高い!

ところが、中国は日本の物と同じような事業計画書を出し、

その上、建設に関して異例の案を出したんです。それは、

@「インドネシア政府の費用負担をゼロ」とする。

A「事業が失敗した際の債務保証も求めない」

そして、すぐに工事開始すると言ってるし、安い!


で、日本とインドネシア’の受注交渉が進んでいる中、

途中で入ってきた中国が受注に成功したわけです。(^_^;)


そんな事があったばかりでしたので、

日本の企業の「日立」の名が出て嬉しかったわけです。

すいません、脱線してしまいましたね。



このトランジェットは、

アラモアナセンターからイーストカポレイの約32キロの長さだそうです。

東京の電車の速さで考えると、時速80キロ〜90キロ位なので、

80キロで考えると各駅で止まるとすると40分〜50分の感じなのかな?

全駅は21駅だそうです。

この「ホノルル・レール・トランジェット」は、

自動運転システムだそうです。(*^。^*)

自動運転って無人システムですよね。

日本の「ゆりかもめ」や三島〜神戸空港の「ポートライナー」等も

自動運転システム’ですね。

自動運転が許されるほどの安全対策が、施されているんですね〜。

じゃなきゃ、自動運転システムは不可能ですもんね。

ホームからの転落等も無人でも事故が起きないようにしなければなりませんしね。

また、車両の接触事故が無いようなシステムも重大!!

ホームには線路との間に仕切りドアーとかも作られるのかもしれませんね。


来年の2018年には、全駅ではなくて、

9駅ぶんのみを先に走らせるらしいです。


全ての工事が終了する2021年にはハワイの新たな楽しみが増えますね。

まずは来年が楽しみですね〜。







    

           掲載者;ハワイコンドミニアム.COM   









ページ移転前のブログはこちらから オーナー’sブログ

最新の記事

    アーカイブ

      カテゴリー

      HOMEおすすめコンドミニアムご利用料金ご予約状況よくある質問お客様の声会社概要ご予約フォームブログプライバシーポリシー
      ハワイ ワイキキのホテルコンドミニアム 格安レンタルなら、ハワイコンドミニアム.COM
      (C)2015 Hawaii Condominium.COM all rights reserved.